地域体制

ホーム > 地域体制 > ボランティア団体 > 八幡・銀杏の会

八幡・銀杏の会

目的・趣旨

八幡地区の象徴として又、誇りとしての“越の松原”の松・“雪の高浜”の砂浜、残念ながら無惨な姿となってしまいました。それとともに塩害や砂嵐による被害も目に見えてひどい状況無惨な姿となってしまいました。それとともに塩害や砂嵐による被害も目に見えてひどい状況状況です。これら失った物を取り戻すことや新しいことへのチャレンジにより八幡地区の魅力と夢を考え、ボランティア活動を通じて、地区住民の交流を増やし、地区の活性化と共に子供たちの育成、地区の魅力と夢づくりをして行きたいと思います。

会の得意分野:地域活動:植樹・緑化・清掃 等々
          自主防災活動・自主防犯活動/地域見守り活動

主な活動場所

佐渡市八幡地区

活動内容

平成13年~平成24年に植樹した松の育樹活動を4月~12月にかけて、月1回程度、ボランティアによる下草刈り・枝打ち・地ならし・作業道の管理等を行っています。
また、7月には『雪の高原』『越の松原』大清掃、11月にはチューリップ大作戦と称して、地域一丸となりボランティア活動に励んでいます。

所在地・連絡先

住所 佐渡市八幡1851-5 佐渡測量㈱内
担当者名 渡辺 一哉
TEL 0259-52-5921
雪の高浜・越の松原いきいき作業
雪の高浜・越の松原いきいき作業
チューリップ大作戦 集合写真
チューリップ大作戦 集合写真

このページの先頭へ戻る