地域体制

ホーム > 地域体制 > ボランティア団体 > 四季を愛する会

四季を愛する会

目的・趣旨

本会は、花と緑豊かな潤いのある街づくりに貢献することを目的とする。
公園その他の施設に樹木等の植栽又は除草管理などを行う。
会員相互の親睦と健康で豊かな環境づくりに努める。

主な活動場所

胎内市市内

活動内容

故郷の自然を愛し、四季折々の花や緑を求めるのが「四季を愛する会」の主旨であります。平成5年に発足し、これまで胎内市の水道公園に5年間に渡り、累計5000本のつつじを植樹しました。その後、胎内市の飯角地内の休耕田を借上げ、ホタルの棲む水辺を作りました。その周辺に水芭蕉を植え、しだれ柳、レンギョウ、レンゲつつじ、最も多く植樹したのはアジサイです。一帯を飯角公園と命名し、花と緑で包まれる憩いの場をめざし草刈り等も行っております。平成27年4月29日のみどりの日には、これまでの活動を評価され環境大臣賞を受賞いたしました。

所在地・連絡先

住所 胎内市東本町
担当者名 長谷部 龍雄
TEL 0254-43-4831
飯角公園にて市民との観桜会
飯角公園にて市民との観桜会
笹口浜地内防風林松苗植樹
笹口浜地内防風林松苗植樹

このページの先頭へ戻る