地域体制

ホーム > 地域体制 > ボランティア団体 > 森人(もりーと)

森人(もりーと)

目的・趣旨

「海を守ることは山を守る」
広葉樹を中心とした森林管理を行い、人・動物・植物・昆虫すべてにとって豊かな里山づくりを目指しています。

主な活動場所

ふるさとの森公園(旧小木町学校林)

活動内容

旧佐渡郡小木町の学校林で里山の手入れを始めて18年になります。
平成13年に新潟県の「ふるさとの森事業」として採択され、旧相川林業事務所、旧小木町、森人(ボランティア団体)3者で協議しながら「ふるさとの森公園」として整備されました。
主な活動場所の小木の「ふるさとの森公園」では、原則、毎月の第3日曜日に春から下草刈り、枝打ち、作業道の整備、間伐材を利用したシイタケの駒打ちを行っています。
間伐材の活用として、椅子などをつくり、地元の保育園等に寄付しています。
「ふるさとの森」は地元の子ども会の行事や、小中学生の課外活動、チップの敷かれた歩道はアスリートのトレーニングにも活用されています。
毎年、国際ワークキャンプセンターの若者(国内外)が夏に来て下草刈りを手伝ってくれています。

所在地・連絡先

住所 佐渡市小木
担当者名 榎谷 裕人
TEL 0259-86-3029
国際ワークキャンプセンターの森林整備協力
国際ワークキャンプセンターの森林整備協力
森林整備講習会 間伐材を利用したシイタケ駒打ち
森林整備講習会 間伐材を利用したシイタケ駒打ち

このページの先頭へ戻る